recruitment
ENTRY

TOP MESSAGE TOP MESSAGE

人間は仕事に生きがいを感じるべきだと思っています。そしてそのためには挑戦や達成,自主性がかかせません。
新しい技術や考え方を自ら見聞し、習得しながら、主体的にプロジェクトを主導し、人間的に自らを日々高めていく。

どうせやるなら仕事は思いっきりやった方がいい。

古い殻を破って新しいものをつくる。

怖れや不安の中で、幾度もあがき続け、日々勇敢に行動をする、
そういったチャレンジを好む人を当社は歓迎します。

株式会社エーフォース
代表 福水隆介

AFORCE DATE AFORCE DATE

募集要項 entry

INTERVIEW INTERVIEW

Q 001 Why did you join the company?

I wanted to work abroad at some point in my life, and I found Japan's creative community interesting. Having graduated with a degree in graphic design with a focus of print design, I yearned to animated my creations. At A-Force, I work primarily with motion graphics and video, which I find much more visually appealing than flat design.

Q 002 How have you grown since joining?

My business mind has grown significally. I have learned more about the back-end of a company, and the importance of producing good work for our clients. I also feel my motion editing has become more natural. Although I knew how to work with programs like After Effects and Premiere Pro, I have learned so much from our CEO and my co-workers on how to take my skills to a more professional level.

Q 003 What are your future career plans?

I wish to become a creative director one day in the future. In the mean time, I am still not sure what exact field I want to devolp my skills in, but I do find the video editing field to be very intersting and stimulating.

Q 004 What is the charm of Aforce?

International and diverse, an exciting place to work.

Q 001 入社理由

財閥系メーカーで自動車部品部門の営業を経て、エーフォースに入社しました。
前職は、組織が大きかったのでその中で守られている感じはありましたが、自分の考えや思いをのせることが難しい環境でした。加えて、キャリアや自分の将来を考えたとき、新しい刺激を受けたいという思いが高まったことから、転職をしました。

Q 002 エーフォースに入って成長した部分

強いメンタルの一言に尽きます。
色々な職種にチャレンジさせてもらったことによって、色々なスキルがアップできたことは事実です。ですが、どんな職種をやっていても、「やり抜く気持ち」「結果を出すことへのこだわり」「負けない精神力」は、常に培われてきました。これは、エーフォースが、ビジネス感覚を重視し、スピード感や大局観を通じたプロ意識を醸成する会社であるからに他なりません。いかなる業界でも、いかなる仕事でも、加えていかなる時代でも、強いメンタルは最大の武器になるものと思います。まだまだ未熟な部分が多いですが、これからも継続して、より一層タフになっていきたいです。

Q 003 今後のキャリアプラン

未知の分野や領域に積極的にチャレンジしたいと、常日頃に上司へ訴えています。思えば、最初は、WEBプログラマーとしてのスタートでした。しかも、経験はゼロ。それにもかかわらず、やる気を評価してもらい、担当の顧客を持つまでの経験を積むことができました。その際、WEBに動画を組み合わせるニーズが高まってきたこともあり、動画制作にも興味を持ち始めました。もちろん、これも経験ゼロ。ですが、現在は、PR部門でWEB及び動画の制作ディレクション業務をこなしています。WEBにも動画にも、顧客のニーズに応えて、無から有を作り上げていく面白さがあります。色々な業種業態のプロモーション事業を手掛けるので、何事も新鮮に感じ、とても勉強になります。今後は、PR部門の担当範囲を広げるとともに、チャンスがあれば新しい事業の立ち上げを始動させられるようになりたいです。

Q 004 エーフォースの魅力を一言で!

エーフォースには、アツい想いを膨らませる風土があります。
ビジネスを実感したい、スキルを高めたい、お金を稼ぎたい…。アツい想いは何だって構いません。ただ一つ、目標や目的に向かって一生懸命になれるのであれば大丈夫です。もちろん、厳しいだけではありません。上でも触れたように、エーフォースは、柔軟な働き方が可能であったり、多様性が尊重される場でもあります。やるときはやる。身体的にも、精神的にも、いい汗をかける会社はエーフォースです。

Q 001 入社理由

私は社会に出てからデザイナーとしてスキルを積んできました。
しかし前職ではデザインする側からデザインを売る側の、広告代理店営業という世界は同じでも違った職種を経験しました。せっかくなら片方のスキルだけでなく、デザインスキルと営業スキルの両方をミックした形で活かせる仕事に就きたいと思い転職を決意しました。
エーフォースでは活かせるスキルを最大限利用することができます。さらに、やる気さえあれば新たなスキル習得も実現できます。私は今、新たに映像制作スキル、撮影スキルの習得に向け日々奮闘中です!

Q 002 エーフォースに入って成長した部分

エーフォースに入って私は「体が強く」成長しました。これは肉体的な強さと精神的な強さの両方で成長しました。
エーフォースでは月曜日にみんなで筋トレワークアウトを実施し、仕事をする上で一番大切な強い体作りに積極的に取り組んでおります。単純なトレーニングから、柔道やレスリングの動きを模したオリジナルトレーニングを毎週実施しております。
さらに、人気遣う心ことや弱音を吐かずにまずは実行することなど、精神的面での強さを日々成長させております。
その他にも会社内では日本語と同じように英語が飛び交っている環境のため、英会話スキルが著しく成長中です。
私はこれまで全く話すことができなかった英会話も、まずは話してみることで少しずつ英語スキルも成長させています!

Q 003 今後のキャリアプラン

私は「ビジネスを自分一人の力で完結すること」を目標に置いております。
新規で仕事の獲得から内容のヒアリング、そして制作まで、そのため、仕事を通して自分にはまだ足りていない“映像制作スキル”“撮影スキル”を取得中です。今後は“WEBマーケティング”の細かい知識や“コーディングスキル”にもチャレンジしていきたいと考えてます。
その他では「自分のブランド化」を目指しております。存在自体に説得力を持てる人間として成長するため、精神面を含め色んな知識を日々勉強中です。

Q 004 エーフォースの魅力を一言で!

エーフォースの魅力は“やりたいことならなんでもできる”です!
どんなに初心者であっても大きなやる気さえあればどんなことでもチャレンジすることができます。新たなビジネスモデルが思いつけば提案することもできますし、新しい技術を応用した映像制作にもどんどんチャレンジしていくことができます。
ほかにも“和洋折衷のビジネス環境”もひとつの魅力です!
現在エーフォースでは日本人と欧米人の割合がちょうど半々くらいです。私はまだあまり英語は得意な方ではありませんが、飛び交う英会話はこれまで経験してきたどの企業でも味わえなかった環境であり、私の新たな良い刺激となってます!

COMING SOON
Q 001 入社理由

エーフォースは、日本語と英語のスキルを最大限に活かせる環境があったため、入社をしました。私は、これまでの人生を日本とアメリカで半分ずつ過ごしていることもあり、日本語と英語の両方をネイティブレベルで使うことができます。 多くの日本企業が、高い英語力を持ち合わせていることを評価してくれますが、蓋を開けてみれば、その英語力を活かしきれていないという実態があると感じていました その点、エーフォースは、外国人スタッフが多いということもあって、社内の打ち合わせやコミュニケーションは日本語と英語の両方で行われています。その他にも、外国企業を直接相手にして営業をかけることも多く、英語力を存分に活用するシーンがたくさんあります。 自分の持ち味を活かせるのはここしかない!と思い、エーフォースに入社したのです。

Q 002 エーフォースに入って成長した部分

何よりも、リスクを負う勇気を身に着けました。これまでは、問題を起こさないでうまくまとめるという、いわば日本的な美学に振り回されることが多く、気が付いた頃には、自分もその美学にどっぷり浸かっていました。 ですが、エーフォースで経験を積んでいくうちに、成功とリスクは表裏の関係にあることを感じるようになりました。特に、ビジネスシーンにおいては、日本もアメリカも関係なく、リスクを負う勇気がなければ、大きな成長はありえないのです。 こういった感覚をエーフォースで強く認識することができました。そして、今後は、武器として使えるように研ぎ澄ましていきたいです。

Q 003 今後のキャリアプラン

営業スキルを伸ばしながら、経営者としてのメンタリティーを養っていきたいと考えています。
制作業界が厳しいことは、皆さんがご存知の通りです。厳しい中での経験は、何にも増して貴重なものとなります。 だからこそ、私は、エーフォースの営業としてスキルを伸ばすことは、将来の財産になると考えています。 営業は、技術者とは違って、直にクライアントと交渉をして仕事を獲得するため、ビジネスの風を一番味わえるポジションと言えるでしょう。 また、経営に携わることへも興味があるのですが、ビジネスを考える上では、こういった営業での経験やスキルは、メンタリティーへ通じるものとして、非常に重要であると信じています。 お金を稼ぐ以上は、エーフォースで思う存分に営業スキルを伸ばしていきたいです!

Q 004 エーフォースの魅力を一言で!

とにかく、ダイバーシティーがおもしろい!
多分、こんな会社は日本にここだけかなと思っています。 色々なバックボーンを持った人たちが、協力して頑張ってる。 柔軟性があるからこそ、そういうチームが成り立っているのだと思います。 これまでの生い立ちや経験が異なることは当たり前ですが、こんなにも違う人たちと一緒に仕事をするのは刺激的以外の何者でもありません。 ありきたりな刺激に飽きている方、エーフォースでお待ちしています!

INFORMATION INFORMATION

【選考募集要項】

応募資格 広告、コミュニケーションビジネスへの高い志がある方。 既卒、新卒は、問いません。
自制心があり、きちっとしていること
謙虚な姿勢を常にもち、努力精進すること
自分のことだけでなく、顧客や社会貢献に対する思いがある人
雇用形態 正社員
勤務地 東京都渋谷区渋谷3-1-9 第3KKビル6F
勤務時間 フルフレックスタイム制 (標準労働時間8時間 内休憩1h) ※コアタイムはありません。
子育て支援の一環として、『送迎フレックス制度』も導入
給与 230,000円~350,000円+インセンティブ(業務量に応じて支給)
プロデューサー・ディレクターレベル 850万円~
AE・プログラマー・3DCG 550万円~
※上記の金額内で前職給与・経験・能力等を考慮の上、当社規定により最大限優遇いたします。
※試用期間3~6カ月あり※期間中の金額変更はありません。
昇給・賞与 昇給年1回(4月)/賞与あり
休日休暇 完全週休2日制(土・日)
祝日/年末年始/夏季休暇/産前後休暇/育児・介護休暇/慶弔休暇※ペット含/
有給休暇※有給消化率85%(2018年9月現在)/発熱休暇/特別休暇
諸手当 交通費全額支給/出張手当(旅費、飲食代他)/資格補助手当(上限あり)/
出産手当(1人目/10万円、2人目以降/15万円)/個人社員旅行手当(年間10万円)
福利厚生 社会保険完備/オンライン研修制度/家賃補助制度(5駅以内)/
社内イベント(マラソン、お花見、バーベキュー、料理大会など)/
子育て支援制度(短時間勤務制度など)
entryentry

PEOPLE PEOPLE

【求める人物像】

コンサル型営業

当社の顧客は年間契約をすることがほとんどです。長期的にクライアントと接し、戦略や提案をもって、ビジネス成果をあげたり課題を解決すできる能力を求めます。クライアントにとって頼れて安心できるコンサルタントとなり、顧客をより確かな未来に導くことがエーフォース(A FORCE)の仕事です。(ベースは営業の経験がある方で構いません)

マルチクリエイター

クリエイターは作る人であり、1つのことに特化した職人です。時代が変わりメディアが多様化する中で、クライアントはWEB、紙面、動画、オンライン広告、記事など様々なタッチポイントをもっています。そうした様々なメディアを柔軟に交差させ、クリエイティブを担当できる人材をエーフォース(A FORCE)では育成します。(ベースはクリエイターで構いません)